映画「ファイティング・ファミリー」をWWEファンが見た感想!

趣味・雑記

こんにちは、Domoです!

 

現在絶賛公開中のファイティング・ファミリーをのファイティング・ファミリーをやっと見ることができました!

WWEで活躍しているペイジのストーリーを描いた実話ということで、WWEファンの私としては絶対に劇場で見ないと!と思っていたので見れて満足です(*‘ω‘ *)

 

今回はファイティング・ファミリーを見た感想を書いていこうと思います。

それでは早速いってみよう!

本記事はネタバレを含みますのでまだ見てない方はネタバレ注意です。

スポンサーリンク

ストーリー

『ファイティング・ファミリー』予告編

イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家はレスリングの固い絆で結ばれている。中1の時からリングに立っていた18才のサラヤ(フローレンス・ピュー)は特にレスリングを愛している。日々ジムに通う子供達にレスリングを教え、いつかはWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)の試合に出て一家を盛り上げたいと願う健気な娘だ。兄のザック(ジャック・ロウデン)もプロレス命。だが彼は愛する彼女と結婚をし、普通の家庭も持ちたい。そんな兄妹に転機が訪れる。トレーナーのハッチ(ヴィンス・ヴォーン)に誘われ、WWE のトライアウトに参加する。そこで二人が尊敬してやまない、かのドウェイン・ジョンソンとの対面を果たすのだ。大喜びでトレーニングに勤しむ兄妹だったがサラヤだけが次のステージに進み、フロリダに行くことが決まる。兄と二人で渡米したいと言い張るサラヤを、ザックが説き伏せる。「家族みんなの為にお前一人でも行ってくれ。」渋々承知したサラヤはリング名を「ペイジ」に決め、大好きな家族と別れてアメリカに渡る——。※公式サイトより引用

ということで実在のWWEスーパースター「ペイジ」がWWEで成功するまでの軌跡を描いた作品になっています。

また、「ザ・ロック」ことドウェインジョンソンが本人役として登場することも話題となりました。

 

ここからは私が見た少し詳細なストーリーです。

ペイジの家族はイギリスでWAWというプロレスを家族経営しており、そこに代役で出たことがきっかけとなり、プロレスの世界へと入り込みます。

レスリング一家ということもあり、一家の目標はWWE入りでした。

そこで両親はペイジと兄のザック、両名のビデオテープをWWEに送り、トライアウト選考に出ることを目指します。

何度か送った後、ロンドンでWWEが公演を行うためペイジ・ザック両名ともトライアウトに参加できることが知らされます。

 

特にザックは家族もできて、このトライアウトに全てをかけていました。

全力を出してパフォーマンスをしたのですが、ペイジのみ次のステージである「NXT(WWEの2軍的な番組)」に行くことができ、アメリカに渡ることになります。

その後、RAWでデビューしWWEディーヴァズ王座を奪取するまでのストーリーが描かれています。

WWEファンがファイティングファミリーを見た感想

それでは感想を書いていこうと思います!

率直な感想はめちゃくちゃ面白かったです。

WWEファンだからというのもありますが、あの巨大スクリーンでWWEの映像が見れるということにまず感動しました。

特に冒頭、いきなりザ・ロックのテーマ曲が鳴り響き、ロックがWWE王座を奪取するところシーンが流れます。

これにはテンションMAXでした。

 

そして当然ながらちゃんとプロレスしていました。

プロレスはあくまでショーだということを存分に見せる映像の撮り方、裏側までを描いておりガチではないが過酷だということが伝わってきました。

 

その後トライアウトに挑戦するシーンではロック様が出てくるのですが、まぁーかっこいい!

ここでロック様節を出してくるかぁーって感じでしたw

 

ペイジのみがNXTへ合格した後、成功を夢見て兄のザックは奮闘しますが上手くいきません。

しかしペイジはペイジでNXTでの葛藤が続きます。

仲間からのイビり、過酷なトレーニング。脱落者もたくさん出てくる中でペイジはNXTでの成功を諦めて辞めかけます。

 

この映画の中では描かれていませんでしたが、ペイジは初代NXT女子王者です。

とんとん拍子に行ったと思っていた反面、こんな苦悩があったとは思いませんでした。

 

1週間の休暇でイギリスに帰国後、兄に辞めることを伝えますが、その頃は兄のザックは妹の成功が妬ましく、かなり荒れすさんでいました。

そこに追い打ちをかけるようにペイジの辞める発言。

一夜限りで家族経営のWAWに参戦しザックと対戦するのですが、ザックはペイジが勝つというブックを守らず、強引に3カウントを奪ってしまいます。

そしてザックはペイジに冷たく当たってしまいます。

 

成功者と脱落者、それぞれの苦悩がうまく描かれていましたね。

詳細は省きますが、そこからペイジは心機一転頑張り、NXTへ復帰します。

 

仲間とギクシャクしていた関係も取っ払い、観客を魅了していきます。

おそらくここでNXT女子王座になったりしたんでしょうが、尺の関係で映像は無かったですね。

ここは個人的には残念ポイントでした。

 

その後レッスルマニアに招待されるのですがここから実在のスーパースターが登場します。

まずバックステージでビッグショーとシェイマスが現れてテンション上がりました。

※ビッグショー(左)とシェイマス(右)

 

紹介もないので、知らない人は誰?ってなりますよねw

そして廊下ですれ違ったザ・ミズ。一瞬でしたが登場しました。

 

その後、ペイジは別の控室に呼ばれてザ・ロックから次の日のRAWで女子王座に挑戦することを知らされます。

実際にはザ・ロックから発表したのではないのと思いますが、サービスですかね?

さすがに前日の夜にRAWで王座挑戦だ!と知らされることは無いかと…w

でも「if you smell what the rock is cooking」が聞けて大満足w

 

最後にダニエルブライアンの入場曲がかかってましたねw

レッスルマニア30はダニエルブライアンがWWE王座とWWEヘビー級王座を両方保持した歴史的一夜でしたねー。

Daniel Bryan wins the WWE World Heavyweight Championship: WrestleMania 30

あの時の興奮を思い出しますw

 

その後、RAWの控室でジョンシナの入場映像が流れます(これはレッスルマニアの時だったかも曖昧です)。

いやーあの音量と大画面で見るシナの入場はかっこよかったですねー!

 

その後のRAWでの結果はご存じの通り、ペイジの勝利。

控室で緊張しているペイジにそれまで冷たく当たっていた兄のザックが気分を入れ替え、ペイジに電話をかけて緊張をほぐすシーンは少し感動しました。

 

Paige vs. AJ Lee – Divas Championship Match: Raw, April 7, 2014

映画では試合後にペイジがリング上で勝ち名乗りを上げて終わるのですが、実際はすぐにフェードアウトしてますねw

映像映えさせる意味ではこういう脚色はしょうがないんでしょうけどね。

ともかく面白い映画でした。

最後に

はい、どうだったでしょうか。

NXTの説明やWWEの説明もかなり少ないので、ファイティング・ファミリーは少しWWEを知らないと理解できない部分も多いかと思います。

WWEを好きだからこそ、純粋に楽しめましたし、スーパースターが登場するとテンションが上がりました。

 

これをきっかけにWWEを見る人が増えてくれたらいいなぁと思います。

 

それではまた!

Domo

コメント

タイトルとURLをコピーしました