“WWE ヘル・イン・ア・セル2019の対戦結果と感想!-WWE Hell in a Cell 2019-”

趣味・雑記

今回のヘルインアセルPPvはちょっと微妙な感じの結果になってしまったPPVでしたね…。

 

こんにちは、Domoです!

 

日本時間10月7日(現地時間10月6日)にPPVヘル・イン・ア・セル2019が行われました。

 

普段は先に予想と対戦カードの発表をするのですが、今回は事前告知されている試合が4試合とかなり少なかったので試合結果と感想のみになります!

 

正直個人的には外れのPPVだったような気がします…。

それでは早速結果と感想に移ります!

※本記事はネタバレを含みます。結果を見たくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

勝敗結果と感想

シングルマッチ:ナタリヤ VS レイシー・エバンス

WWE Hell In A Cell Kickoff: October 6, 2019

 

勝者:ナタリヤ

 

まずはキックオフから!

ナタリヤVSレイシーエバンスです。

 

試合はシャープシューターでナタリヤの勝利!

 

可もなく、不可もなくキックオフ!って感じの試合でしたねw

 

RAW女子王座戦(ヘル・イン・ア・セル戦):ベッキー・リンチ(C) VS サシャ・バンクス

勝者:ベッキーリンチ

 

さあ、ここから本編!

1試合目からヘル・イン・ア・セル戦でRAW女子王座です!

 

試合はイス攻撃あり、ラダーあり、テーブルアリ、金網…と結構派手な試合でした!

 

最後はトップロープから椅子が散らばる床に投げ→ディスアーマーでベッキーリンチの勝利!

 

両名ともかなり体を張っていましたね…。

観客もかなりテンションが高く、盛り上がっていました!

 

そこまでダレることもなく、いい試合でした!

ダニエル・ブライアン&ロマン・レインズ VS エリック・ローワン&ルーク・ハーパー

勝者:ダニエル・ブライアン&ロマン・レインズ

 

2試合目は前回のPPVから因縁のある4名のタッグマッチ!

 

薄々感じていましたが、ダニエル・ブライアンとロマン・レインズがタッグを組みました!

 

試合はスーパーマンパンチ→スピアーでレインズ&ブライアンの勝利!

 

試合後にブライアンとレインズはハグをして終了!

 

ダニエル・ブライアンはこれでベビーターンですね。

そこまで悪い試合じゃないなと感じました。

 

今後はどうなるんでしょうか。

ハーパー&ローワンはタッグで行くんでしょうかね。

 

レインズ・ブライアンのタッグは一度きりなのか、今後が気になりますね。

シングルマッチ:ランディ・オートン VS アリ

勝者:ランディ・オートン

 

これは当日発表された試合ですね。

 

試合はRKOでオートンの勝利!

 

PPVらしくないというか普通の試合でしたね…。

次にあるクラウンジュエルのための勢い付けの試合に感じました。

WWE女子タッグ王座戦:アレクサ・ブリス&ニッキー・クロス(C) VS カブキ・ウォリアーズ

勝者:カブキ・ウォリアーズ

 

4試合目は女子タッグ王座戦!

 

まさかの我らがカブキウォーリアーズが登場!

 

そして結果は…カブキウォーリアーズの勝利!

 

アスカの毒霧攻撃→キックで3カウント!

 

凄い盛り上がりでした!

この毒霧はTAJIRI直伝!?

 

いつかはチャンスが巡ってくると思いましたが、ドラフト前のPPVでもぎ取りましたか!

今後さらに楽しみになりますね!

6人タッグマッチ:The OC VS バイキング・レイダース&ブラウン・ストローマン

勝者:バイキング・レイダース&ブラウン・ストローマン

 

こちらも当日発表された試合です。

6人タッグマッチですね。

 

試合は反則裁定?でバイキング・レイダース&ブラウン・ストローマンの勝利!

 

その後ストローマンを襲うThe OCですがAJスタイルズのフェノミナルフォアアームに合わせてストローマンがスーパーパンチ!

そのままAJはノックダウンしてしまいました…。

 

これはストローマン VS タイソンフューリーのセグメントに向けての試合だったことが分かりますね。

 

一時期メイウェザーと戦うときにビッグショーのフィニッシャーがパンチに変わりましたがそれと同じようなことをさせるのかな?

シングルマッチ:バロン・コービン VS チャド・ゲイブル

勝者:チャド・ゲイブル

 

こちらも当日発表の試合!

 

結果は丸め込みでチャドゲイブルが勝利!

 

この試合に関してはあまり言うことはないでしょうw

 

キングオブザリングに勝利させたのに、ここで負けるとかコービンの扱いがよくわからなくなってきました…。

 

SD女子王座戦:ベイリー(C) VS シャーロット・フレアー

勝者:シャーロット・フレアー

 

ついに女王が帰ってきた!!

試合はフィギュアエイトでシャーロットの勝利!!

 

なんと10回目の王座奪取です!

 

やっぱりシャーロットは安定して上手いし、盛り上がりますね!

SD王座を巻いたということはシャーロットはSDにとどまるんでしょうね。

 

次は誰が絡むのか楽しみだ!

ユニバーサル王座戦(ヘル・イン・ア・セル戦):セス・ロリンズ(C) VS “The Fiend” ブレイ・ワイアット

勝者:ノーコンテスト

 

さあ、メインイベント!

 

なのですが…結果から言うとレフェリーストップで終了です。

この試合は色々残念過ぎました。

 

まずめちゃくちゃ見にくい!!

入場だけなのかと思ったら、試合中ずっとこの赤い画面でした…。

 

そして結果はレフェリーストップ。

これには納得がいかないですね。

 

カープストンプを決めまくり、イス、ラダーで攻撃するも決まらず…。

 

ワイアットが巻き返すのかな?と思ったのですが、最後は反則裁定無しの試合にも関わらず、ロリンズがスレッジハンマーで攻撃しようとしたところでゴング。

 

これには観客も納得するはずがなく、大ブーイング。

その後にワイアットが復活し、ロリンズを攻撃するのですがその際にAEWのチャントが起きる始末。

 

WWEは何がしたかったのか…。

散々引っ張った結果がこれでいいのか?というところがありますね。

最後に

いやー波乱と言えば波乱のPPVでしたね。

PPVというより、なんか通常放送の延長戦みたいに思えました。

 

メインは最悪の結末でしたね。

試合告知もほとんどされない、内容微妙なものが多い。

試合数も少なめ。

 

そりゃあAEWの方がすげーよ!ってなってコールが置きますよねw

 

次は4大PPVの1つ、サバイバーシリーズだと思うので、そこに期待ですね。

 

それでもこけたら…。

いよいよヤバいですねw

 

それではまた!

Domo

コメント

タイトルとURLをコピーしました